So-net無料ブログ作成

スタップ細胞 小保方晴子博士 東京五輪  [スタップ細胞]

スタップ細胞 小保方晴子博士 東京五輪 


小保方晴子博士のスタップ細胞論文は、一旦撤回することになる、との報道です。
理化学研究所や共同研究者からの、一旦撤回しては、との勧告からです。

しかし、中松義郎博士(ドクター中松氏)によれば、最先端の論文の書き方として、小保方晴子博士の論文は、認められる書き方とのことです。
現在の、世界最先端の論文では、「重要な点を書かない。」という現実です。
これは、すべてを書いてしまうと、特許権に決定的に不利になるから、とのことです。

これで、小保方晴子博士が、「こつ」を、発表できない理由が、わかりました。
世界的研究機関である、ハーバード大学との、秘密があるのでしょう。

 今後は、東京五輪の枠組みに習って、知的財産担当相によって、国家プロジェクトとして、小保方晴子博士とハーバード大学をバックアップし、スタップ細胞の研究を進める必要があると思われます。












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。